わたなべ診療所

大阪市住吉区帝塚山の内科,耳鼻咽喉科 わたなべ診療所

〒558-0052 大阪府大阪市住吉区帝塚山西1丁目12番20号
TEL 06-6672-4116
▲Mobile Site
トップページ»  内視鏡検査

内視鏡検査

当院での胃カメラについて

当院では基本的に経鼻内視鏡で胃カメラを行っています。
鼻からの内視鏡は口から入れる場合と違い、おえっとなる部位(舌の奥)を通らないため比較的楽に検査ができます。
ただし鼻炎などで鼻腔の狭い方や鼻中隔彎曲の強い方は鼻腔を内視鏡が通過できないこともあり、経口からの検査になります。
鼻からの内視鏡が困難な場合は経口での検査になりますが、苦痛の強い方は鎮静内視鏡を行っています。
睡眠薬を静脈注射して眠っている間に検査をします。
寝ている間に検査が終了するため楽に検査が受けられます。
ただし普段から睡眠薬を常用されている人は、注射が効きにくい場合もあります。
その他睡眠薬の注射を使わず、筋肉注射でおえっとなる反射のみ抑えて検査をする場合もあります。
患者さんができるだけ楽に検査を受けられるよう努めています。

 

当院での大腸内視鏡について

従来大腸内視鏡検査は、痛い、苦しいものでした。しかし当院では最新のシステムを使い患者様の苦痛軽減に取り組んでいます。
①挿入性の高い痛みの出にくい最新式の内視鏡を使っています。
②炭酸ガス送気装置を使っているため検査中、検査後のおなかの張りがほとんどありません。
③鎮静剤を点滴することで、ほとんどの方が眠っている間に検査が終わっています。
④25年以上の内視鏡経験から患者様それぞれに合った痛みの出にくい挿入方法を行っています。

また内視鏡はBLI+LCI拡大内視鏡を使用しています。レーザー光を使った内視鏡の中でも、一般的な内視鏡に比べ格段に高性能高画質化しており、早期がんの診断に役立っています。